エゴイスト

このブログを立ち上げて実は2〜3年ほど立っている。
下書きには数十個の記事があるがなんだか公開する気分になれなかった。

そもそも、こんなブログを見つけて読もうという頭のおかしい人が気の毒でならない。

今現在、いいたいことも言えない世の中ポイズン時代到来である。
本当のことを言えば、やれ失言だの、不倫は死刑だと言わんばかりのバッシングだの、
よくよく考えると「別にあなたに迷惑かけてないでしょ?」ってことで世の人達はさも自分に迷惑かけられたと言わんばかりに騒ぎ出す。

みんな、暇なのである。
そして馬鹿なのである。

別に芸能人が不倫してあなたに何の迷惑がかかる?
「このハゲー」秘書を罵って何の迷惑がかかる?

いやまて、ハゲはダメだ。
私も含め全国の薄毛選手権を勝ち抜いたものからしたら、あの音声がテレビで流れたらドキッとする。
そして、そわそわと周りが気になり、いつ自分も言われるのかとドキドキしてしまう。

ハゲは悪口だ。

とは言っても、実際にはハゲていない人にハゲと言っても、何の精神的ダメージも与えれない。
この問題はあの元秘書が実際にハゲていたかどうか?が論点となる。

実際にハゲていなかったら、言葉のあやとして捉えることもできなくもないが(私はキズツイテイル…)
実際にハゲていたらもおそれは有罪である。
ハゲていない人からしたらそんなしょーもないなんて思うかもしれないが、現役ハゲの精鋭からすると、心中穏やかではない

なかなかの殺傷能力を持った言葉「ハゲ」

発した瞬間周りのハゲていない人をも凍らせる魔法の呪文「ハゲ」

頭の方をチラチラと見られるが何も言ってくれなくて、でも見られている事には気づき心を痛め、周りに気を使わせる「ハゲ」

そんなアトミックパワー全開のワードを大音量で何度も何度も流すテレビの方が無神経であの政治家よりも悪である。

不倫問題にしても、ストカーのように執拗に追いかけプライベートにズカズカと踏み込み、そして全てを刈り取るだけ刈り取ってあとの始末をしないマスコミ。

やつらは決まって「国民には知る権利がある」と主張するが、それは国事に関わることであって、ハゲ、とか不倫ではない。

そんなことは、個々で解決してもらって、どーしても流したいなら結果だけサラッと流して貰えればいい。
あんなに連日連夜することでもないでしょ?

北朝鮮の報道を見習いなさい。
なんか毎回同じおばちゃんが何言ってるかわからないけど、すごい勢いで熱く語ってるじゃないですか。
あれを、「将軍様が不倫」とか言ってたら絶対生きてはないですよね?

まああそこまでやると本当に言わなければいけないことがもみ消されるので、ダメなんでしょうけど、それにしても、「〜だろう?」という憶測の範疇で公開したらダメですよね。

マスコミに人生を狂わされたっなんて人にあったことはないですが、よく耳にします。

本当に狂わされたのかどうかは私は知らないのですが、でもあの家の前にずっと何十人の人が張り付いている報道の感じや、個人、家族を特定してインタネット上に晒す頭の悪い意味の履き違えた素人の偽善者なんかがいる限り、この問題はなくならないんでしょうね。

でも、最後にハゲだけはそろそろやめましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク